アジアのMPVはこれだ! ピックアップベースの三菱・パジェロスポーツが愛されるワケ【バンコク・モーターショー2019】

3月下旬、タイ王国バンコク近郊で開催されたバンコクモーターショーの会場で、三菱自動車のピックアップベースの3ラインシーター「パジェロスポーツ」に試乗しました。試乗コースは舗装された広場の特設コースです。

パジェロスポーツは三菱自動車のピックアップトラックであるトライトンをベースに、スタイリッシュなMPVボディをまとったモデルです。全長は4785mm、全幅は1815mm、全高は1805mmとなります。最低地上高は220mmとなり、かなりのラフロードでもものともしない数値を得ています。

ホイールベースは2800mmにもなり、そこに3列シートを組み合わせて7名の乗車定員を実現しています。全高は1800mmを超えますが、フレーム付きのボディのため乗車位置が高くなるので、日本のミニバンのような開放感のある室内ではありません。サードシートは大人が乗るとちょっと窮屈かもしれませんが、家族で乗るときには小さな子供がこの席になるでしょうから、実用性には大きな問題は起きないでしょう。

搭載されるエンジンは2.4リットルのディーゼルターボです。178馬力、430Nmのスペックは2トン強のボディを力強く加速します。組み合わされるミッションは8速のATで、ステアリングコラムに取り付けられたパドルスイッチでマニュアル操作も可能です。

スタートラインからアクセルを急激に踏み込むと、発進からしっかりとしたトルクが路面に伝わり、強い加速が得られます。駆動方式はスーパーセレクト4WDです。基本ポジションはフルタイム4WDで、燃費を稼ぐためのRWD、オフロードで高い性能を誇るセンターデフロックのハイ&ローの計4モードが選べます。

ピックアップベースであるため、ロールは大きめですが、ロール剛性は高いタイプです。オンロードとオフロードの走りを両立する必要のあるモデルなので、このロールの大きさは許容範囲です。タイの山岳部は日本では想像できないほどのオフロード性能が求められます。パジェロスポーツはそうした状況にもしっかりと対応します。

ピックアップトラック並の悪路走破性を備えながらも、高級感あふれるインテリア&エクステリアを実現しているのがパジェロスポーツ。まさに世界のあらゆる地域に対応するモデルなのです。

(文:諸星陽一)

『バンコクモーターショー』の最新記事

トラック&SUVを展開するシボレーは新型キャプティバをアジアプレミア【バンコク・モーターショー2019】
かつての英国スポーツカーメーカーブランド「MG」から11人乗りバンやEVが登場【バンコク・モーターショー2018】
ヒュンダイブースのメインステージには電動車「コナ・エレクトリック」を展示【バンコク・モーターショー2019】
現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】
CR-Vの弟分!? ホンダ・BR-Vは日本でも重宝されそうなサイズと良好な使い勝手【バンコク・モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事