かつての英国スポーツカーメーカーブランド「MG」から11人乗りバンやEVが登場【バンコク・モーターショー2019】

●ハイエースのライバルとなるか? MGから対抗モデルが登場

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのMGブースでの模様です。

MGといえば英国で生まれたブランドで、コンパクトなスポーツカー作りで有名なメーカーでしたが、現在は中国の上海汽車グループに属しています。

まず注目したのがV80と呼ばれる多人数乗用のバンです。タイでは観光用や送迎用などで多くのハイエース(コミューター)が使われています。そのハイエースに対抗するモデルとして投入されるのがV80です。

ボディサイズは全長が4950mm、全幅が2000mm、全高が2130mmでハイエーススーパーロングと比べると全長は430mm短く、幅は120mm広いというディメンションです。ハイエースは13人乗りが標準ですが、MGは11人乗りと乗車定員ではハイエースが優れます。

搭載されるエンジンは136馬力/330Nmの2.5リットルディーゼルターボで、6速のATもしくはMTが組み合わされます。ハイエースのエンジンが3リットルディーゼルターボで136馬力/300Nm、4速ATまたは5速MTですから、スペック的にMGが優位ということになります。

価格はMGのMTが98.8万バーツ、ATが103.8万バーツ。ハイエースはMTで122.1万バーツ、ATが125.7万バーツとMGはかなり価格を抑えていて、ここでも勝負をかけるようです。

また今回のバンコクモーターショーではピュアEVとなるZS EVコンセプトビークルを展示。注目を浴びていました。

(文:諸星陽一)

『バンコクモーターショー』の最新記事
トラック&SUVを展開するシボレーは新型キャプティバをアジアプレミア【バンコク・モーターショー2019】
ヒュンダイブースのメインステージには電動車「コナ・エレクトリック」を展示【バンコク・モーターショー2019】
現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】
CR-Vの弟分!? ホンダ・BR-Vは日本でも重宝されそうなサイズと良好な使い勝手【バンコク・モーターショー2019】
新型アコードや日本未発売のBR-Vなど、興味深いモデルを出展したホンダ【バンコク・モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事