トラック&SUVを展開するシボレーは新型キャプティバをアジアプレミア【バンコク・モーターショー2019】

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのシボレーブースでの模様です。ゼネラルモーターズ(GM)は数種のブランドを持ちますが、タイで展開しているのは「シボレー」になります。

シボレーといえば、コルベットやカマロなどスポーツタイプのモデルとともにピックアップトラックやSUVが有名です。タイではピックトラックのコロラドとSUVのトレイルブレイザーが人気となっています。

以前はエコカーと呼ばれるコンパクトカーもタイの工場で製造していたのですが、現在はピックアップトラック&SUVのみに絞って製造されているのも大きな要因となっています。コロラドは2ドアモデルが49.99バーツ(約176万円)から、トレイルブレイザーは99.9万バーツ(約351万円)からというプライスとなっています。

  

そして注目となったのが新型キャプティバがアジアプレミアされたことにあります。キャプティバは2006年に初代が登場、日本では2011年から導入が始まり、現在も販売されています。

新型のキャプティバは中国の上汽通用五菱汽車自動車の宝駿というモデルをベースとしています。現行モデルは韓国生産でしたが、新型は中国生産となるわけです。キャプティバは早ければ今年中にもタイで市販が開始されますので、日本への導入も(行われるならば)間近と考えていいでしょう。

(文・写真:諸星陽一)

『バンコクモーターショー』の最新記事

かつての英国スポーツカーメーカーブランド「MG」から11人乗りバンやEVが登場【バンコク・モーターショー2018】
ヒュンダイブースのメインステージには電動車「コナ・エレクトリック」を展示【バンコク・モーターショー2019】
現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】
CR-Vの弟分!? ホンダ・BR-Vは日本でも重宝されそうなサイズと良好な使い勝手【バンコク・モーターショー2019】
新型アコードや日本未発売のBR-Vなど、興味深いモデルを出展したホンダ【バンコク・モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事