バイク初心者が挑戦したらどうなる? 鈴鹿サーキット本格レーシングバイクアトラクション「モトファイター」

●鈴鹿サーキット新バイクアトラクションに乗ってきた!

2019年3月21日(木・祝)に鈴鹿サーキットに新オープンした「モトファイター」にチャレンジしてきました!

「モトファイター」は、子供から大人までバイクの臨場感やスピード感を味わうことができる、本格レーシングバイクアトラクション。

軽量化のためカウルやホイールにカーボンを使用した独自開発のマシンに乗車し、F1日本GPなどが開催される国際レーシングコースの特徴である「S字」や「シケイン」が取り入れられたコースをアクセルワークや体重移動を駆使して走り抜け、1周の速さを競います。

生まれてこのかた4輪畑で育った私はバイク初心者。もちろん二輪免許も持っていません。

操作方法も全く分からず乗れるか不安でしたが、「自転車を補助輪なしで乗れるんだから大丈夫だよね」と自分に言い聞かせながら待機列へ。

●しっかり練習できて安心

まずは控室で操縦方法、コース、ルール、フラッグの種類についてレクチャーを受けます。

と、ここで「練習場で2周足をつかずに走ることができたら、本コースへ向かいます」と衝撃の一言が。

え…私、練習場で終わるかも……。不安でいっぱいになりながら、ビブス、プロテクター、ヘルメット、グローブを装着し準備完了です。

走行はグループで行いますが、練習場では一人ずつエリアに入り自分のペースで練習できるので一安心です。しかし、いざ乗ってみると「足を乗せるタイミングが分からない〜」と大慌て(汗)。

なんとか走り出したものの、フラフラして怖い! でも笑顔の素敵なスタッフさんが「バイクはある程度スピードが出ていたほうが安定しますよ」と教えてくれ、無事2周足をつかずに走行することができました。

『モータースポーツ』の最新記事
学生フォーミュラ日本大会2019
製作から売り込みまで実習。学生フォーミュラ日本大会2021、開催へ向け参加チーム決定
スタート地点の少し先にあるこのゲートからタイム計測は開始。ゲートの向こうにはゴール地点が見える
今年・2021年で99回目を数えるパイクスピーク、歴代トップ10に入る日本人は?
日本レース写真家協会(JRPA)50周年記念写真展
プロレースカメラマンの50年!熱きモータースポーツシーンを写真で魅る【日本レース写真家協会(JRPA)写真展開催&写真集発売】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています