車名は驚きの「CX-30」。噂のマツダ「新型SUV」は「CX-3」後継ではなかった!【ジュネーブモーターショー2019】

【CX-3よりもひとまわり大きな、マツダ3ベースの新規モデル】

そ、そうきましたか……!? いやいや、ビックリしましたよ。ジュネーブモーターショーで公開された「マツダ新型SUV」。「CX-3の新型だろう」という予想をあっさりと裏切り、なんと新規の“コンパクトクロスオーバーSUV”でした。

その名は「CX-30」。ついに数字が2桁になっちゃいましたよ。「新しいCX-3っぽいけど、CX-3ではない」といったポジショニングでしょうか。

しかし、CX-3に対して差をつけているのは数字だけではありません。ボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全長1540mm。CX-3よりもひとまわり大きく、それでいてCX-5よりはすべてが小さいとヒエラルキーをしっかり守っているのが興味深いところですね。

ちなみにプラットフォームをはじめとする基本メカニズムは、(日本においては「アクセラ」の後継となる)マツダの最新モデル新型「マツダ3」と共通。CX-30のエンジンは2.0Lガソリンと1.8Lディーゼル、そして「スカイアクティブX」とアナウンスされています。

誰ですか? 「車名がインフィニティみたい」なんて言っているのは。

(工藤貴宏)

『マツダ』の最新記事
マツダ2
マツダ2は走りのクオリティでライバルを迎え撃つ【新型MAZDA2試乗記】
MAZDA2はマイナーチェンジ前の「デミオ」からどう変わった?【新型MAZDA2登場】
変わったのは名前だけじゃない。乗るとデミオとの違いが沁みてくる【新型マツダ2試乗】
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」が「MAZDA CX-30」の新車装着タイヤとして選定
デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事