ディスカバー ハイブリッド! SUBARUのe-BOXER搭載モデルが欧州デビュー【ジュネーブモーターショー2019】

【欧州市場でe-BOXERが市販されるのは2019年秋の予定】

ついに開幕した第89回ジュネーブモーターショーにおいて、スバルから欧州仕様のe-BOXER搭載モデル「SUBARU XV」「フォレスター」が発表されました。新デザインを示すコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」に注目が集まっていますが、新しいスバル像を走りの面でもアピールしています。

日本ではハイブリッドと呼ばずに、主にe-BOXERと呼んでいますが、欧州では「ディスカバー ハイブリッド」や「セルフチャージング ハイブリッド」というキャッチフレーズを用いて、ハイブリッド(電動車両)であることをわかりやすく、前面に押し出しているようです。このあたり、ハイブリッドの普及率の違いや、それに伴う評価の違いを感じさせます。

欧州仕様のe-BOXERもメカニズムは日本でAdvanceグレードに搭載されているモーターアシスト型ハイブリッドです。ボクサーエンジンを主役に、走る愉しさをモーターならではの好レスポンスで演出するe-BOXERは、欧州でどのように評価されるのでしょうか。

なおSUBARU e-BOXER車の欧州市場での販売は2019年秋からの予定となっています。

(ショー写真撮影:工藤貴宏 文:山本晋也)

『SUBARU・フォレスター』の最新記事

SUBARUフォレスターが「衝突安全性能評価大賞」と予防安全性能評価で「ASV+++」を獲得【2018年度自動車アセスメント】
フォレスターに備わる総合雪国性能は助手席でも実感できる【SUBARU雪上試乗会】
【新型フォレスター試乗】e-BOXER? それとも2.5リッターエンジン? 箱根の峠道でジャッジ「走りが楽しい」のはどっち?
輸出用フォレスターの積み込みにカーシッピングの職人技を見た。ドアが開けられないほどピッタリに積むから鍵は付けっぱなしでOK
【新型フォレスター 直噴2.5Lモデル試乗】全体が高いバランスで進化したSUV
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事