ディスカバー ハイブリッド! SUBARUのe-BOXER搭載モデルが欧州デビュー【ジュネーブモーターショー2019】

【欧州市場でe-BOXERが市販されるのは2019年秋の予定】

ついに開幕した第89回ジュネーブモーターショーにおいて、スバルから欧州仕様のe-BOXER搭載モデル「SUBARU XV」「フォレスター」が発表されました。新デザインを示すコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」に注目が集まっていますが、新しいスバル像を走りの面でもアピールしています。

日本ではハイブリッドと呼ばずに、主にe-BOXERと呼んでいますが、欧州では「ディスカバー ハイブリッド」や「セルフチャージング ハイブリッド」というキャッチフレーズを用いて、ハイブリッド(電動車両)であることをわかりやすく、前面に押し出しているようです。このあたり、ハイブリッドの普及率の違いや、それに伴う評価の違いを感じさせます。

欧州仕様のe-BOXERもメカニズムは日本でAdvanceグレードに搭載されているモーターアシスト型ハイブリッドです。ボクサーエンジンを主役に、走る愉しさをモーターならではの好レスポンスで演出するe-BOXERは、欧州でどのように評価されるのでしょうか。

なおSUBARU e-BOXER車の欧州市場での販売は2019年秋からの予定となっています。

(ショー写真撮影:工藤貴宏 文:山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。