XVみたいだけど無関係? スバルがスイスで発表したコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジブ アドレナリン コンセプト)」【ジュネーブモーターショー2019】

【次世代デザインの第一歩。より「大胆」なスタイルヘ】

スイスのジュネーブで開催されているモーターショーで、スバルが世界初公開したコンセプトカーが「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジブ アドレナリン コンセプト)」。スバルは2018年7月に発表した新中期経営ビジョンSTEPで、今までよりもデザインを大胆な表現へと進化させていくことを発表していて、このコンセプトカーは新デザインを具現化した最初のモデルというわけです。

……と言われてもですね、実車を見るとプロポーションといい、サイズ感といい、どう考えたってXVじゃないですかコレは。別のクルマと思えというほうが無理ですって。

当然ながらスバル関係者は「次期XVではありませんからね。これは『VIZIV ADRENALINE CONCEPT』というコンセプトカーです」というわけですが、どこまでが建前と解釈していいものなのか。

その答えは、次期XVが姿を現したときに判明するでしょう。3年後くらいでしょうかね。

話を「VIZIV ADRENALINE CONCEPT」に戻すと、公開された実車はフロントフェンダーをはじめダイナミックな造形が印象的でした。ボンネット左右からキャビン、そしてCピラーへつながるボリューム感のある張り出しも斬新ですね。

(工藤貴宏)

『SUBARU』の最新記事

スバル初のプラグインハイブリッドが日本で公開【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】
【新車】SUBARU「WRX S4/STI」が一部改良。外観のリフレッシュ、ハイビームアシストの作動速度下限を変更
【新車】SUBARUレヴォーグが一部改良。ハイビームアシストの作動速度を変更し、新色を設定
新型SUBARUアウトバックは2.4L直噴ターボと高効率化が図られた2.5L 直噴NAエンジンを搭載【2019ニューヨーク国産オートショー】
新型SUBARU アウトバックが世界初公開【2019ニューヨーク国産オートショー】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事