スバル・フォレスター「STI Sport」は、周波数応答型のフロントダンパーを備えた軽快なフットワークが魅力

■大人のスポーツ仕様「STI Sport」を追加し、フォレスターの一部改良も実施

SUBARUは、2022年8月25日(木)、ミドルサイズSUVのフォレスターに「STI Sport」グレードを追加しました。

スポーティ仕様の「STI Sport」は、STI(スバルテクニカインターナショナル)がコンプリートカーの開発やモータースポーツなどで蓄積してきた走りの技術をもとに、日常のドライブ領域で「ドライバーとクルマの一体感」が追求されたモデル。

SUBARU フォレスター
フォレスターに加わったSTI Sport

フォレスターに加わった「STI Sport」は、重心の高いSUVに合わせた専用チューニングが施され、スポーツセダンのようなハンドリングや上質な乗り心地を両立させたそうです。

SUBARU フォレスター
新グレード「STI Sport」のリヤビュー

筆者も操縦安定性や乗り心地に関しては、ベースのフォレスターがD型以降、より向上しているのを試乗して確認しているので期待大です。

足まわりのトピックスは「STI Sport」のフロントサスペンション。

快適な乗り心地と軽快なフットワークを高次元で両立する、STIチューニングの日立Astemo製SFRD(Sensitive Frequency Response Damper:周波数応答型ダンパー)フロントダンパーが搭載されています。

SUBARU フォレスター
フロントに周波数応答型ダンパーを採用

コーナリング時など、車体に大きな入力が加わると、高い減衰力を発生させてロールを抑制し、タイヤの接地性を向上。通常走行時は、低い減衰力でロードノイズなどの車両に伝わる微振動を軽減できるそう。

また、フロントサスペンションの特性に合わせて、リヤサスペンションにも専用のチューニングが施されたことで、車体全体のバランスを最適化。リヤのスタビリティ向上が図られています。

「STI Sport」のエクステリアは、大人のスポーティさが表現されています。艶のあるブラックパーツにより上質感を演出。アルミホイールに光輝感を放つ「スーパーブラックハイラスター塗装」が施されています。ボディカラーは、専用パーツとマッチする4色展開。

SUBARU フォレスター
「STI Sport」のインテリア

一方のインテリアにもブラックパーツが配されていて、引き締まった大人のスポーティテイストを醸し出しています。また、「ボルドー&ブラック」の専用ナッパレザーシートも用意され、快適で上質な空間に仕立てられています。

SUBARUフォレスター
スーパーブラックハイラスター塗装が施された「STI SPORT」のアルミホイール

なお、今回はフォレスターの一部改良も伴っていて「STI Sport」以外のグレードもライティングスイッチの操作性が見直され、車幅灯/尾灯&OFFで1ポジションから車幅灯/尾灯とOFFを分けて、2ポジションに変更するなどの利便性向上も盛り込まれています。

なお、ボディカラーのラインナップも「ダークブルー・パール」が「サファイアブルー・パール」に変更されています。

●価格
2.0L水平対向4気筒直噴+モーター(e-BOXER)
「Touring」:272万円
「X-BREAK」:285万円
「Advance」:294万円

1.8L水平対向4気筒直噴ターボ
「SPORT」:305万円
「STI Sport」:330万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。