巨大なリアウイングはダミー? テスト? 新型ポルシェ・911の「GT3」プロトタイプが豪雪地帯でキャッチ

●ワールドプレミアは9月? 開発が佳境を迎える新型「911 GT3」は550psを発揮

新型・ポルシェ 911(992型)に設定されるハードコアモデル「911 GT3」のプロトタイプを、厳冬のスカンジナビアでカメラが捉えました。

巨大なスノータイヤを履き、豪雪の山中を驀進するプロトタイプは、まるで究極のスノーモービルのようです。フロントバンパーは偽装パネルで完全に隠され、ディテールは不明です。またこれまでのポルシェには見られない大型リアウィングを装着していますが、市販型か定かではありません。

現段階で露出しているのは、ボンネットフードのエアスクープ、デュアルエキゾーストパイプ、LEDストリップライト程度ですが、注目はブレーキキャリパーです。以前のプロトタイプでは「S」モデルに採用されるレッドカラーでしたが、最新プロトタイプではイエローを装着しており、高性能「PCCB」(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)と思われます。

新型GT3の開発は終盤へ入るとみられ、これから急ピッチで完成形へ向かうでしょう。

パワートレインは4.0リットル水平対向6気筒NAエンジンが予想され、最高出力は550psを叩き出します。ワールドプレミアは、2019年9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事