住友ゴム工業がSUBARUのゲレンデタクシーの全車両にダンロップのスタッドレスタイヤを供給

●ゲレンデタクシーの足元を支える「WINTER MAXX 02」と「WINTER MAXX SJ8」

2019年も開催されるSUBARUのゲレンデタクシー。住友ゴム工業は「ゲレンデタクシー2019」の全車両に、DUNLOPの乗用車用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」、SUV用の「WINTER MAXX SJ8」を供給するとアナウンスしました。

ゲレンデタクシーは、通常クルマで走行できないスキー場のゲレンデで、来場者がリフトの代わりにSUBARUのSUVシリーズに乗車してゲレンデを駆け上がることで、優れた雪上走行性能を体験できるイベント。
住友ゴム工業では「WINTER MAXX」シリーズのタイヤを供給することで、冬道での走行の安全性を足元から支えます。

また、各イベント会場にはDUNLOPブースが設けられ「WINTER MAXX 02」と「WINTER MAXX SJ8」を展示。

「WINTER MAXX 02」は、従来よりも氷上ブレーキ、氷上コーナリング性能を高めながら同等以上のロングライフ性能を確保。SUV用の「WINTER MAXX SJ8」は、氷上ブレーキ性能、ライフ性能ともに従来品よりも向上。高速走行時の高い安定性も特徴です。

開催スケジュールは、1月19日(土)〜20日(日)が栂池高原スキー場(長野県北安曇郡)、2月2日(土)〜3日(日)・2月9日(土)〜11日(月)がエコーバレースキー場(長野県小県郡)、2月16日(土)〜17日(日)が苗場スキー場(新潟県南魚沼郡)となっています。

※写真は過去開催の様子です。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

SUBARU「ゲレンデタクシー2019」
https://www.subaru.jp/gelandetaxi/

『ダンロップ』の最新記事

ジムカーナで上位入賞を目的に開発されたダンロップ「DIREZZA β10」が新登場
コーナーや横風でもふらつかない!? ミニバン専用タイヤ・DUNLOP「エナセーブ RV505」が発売
【東京オートサロン2019】モータースポーツファン必見の「ダンロップ」「ファルケン」ブースに最新タイヤが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事