【新車TOYOTA Supra】新型スープラ発表! 日本では春に発売、気になる価格は?

ついに新型トヨタ・スープラがデトロイトで発表となりました。

初代スープラは日本名「セリカXX(ダブルエックス)」として1978年に誕生、2002年に生産終了してから17年ぶり、グローバルで5代目としての復活となります。全世代での共通点は、直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことで、新型でもこの2つを継承していますが、新型には時代にふさわしく直列4気筒のダウンサイジングターボエンジン搭載車も発表されました。

発表会場となったデトロイトモーターショーのプレスブリーフィングで、マスターテストドライバーとしても参画したトヨタ自動車豊田章男社長は、「ニュルブルクリンクでの運転訓練で長い時間を一緒に過ごしたスープラは、自分にとって『特別な旧友』のような存在です。当時、ニュルブルクリンクで他のメーカーが発売前のプロトタイプカーを走らせている中、私たちは、既に生産を終了した古いスープラでしか走ることができず、とても悔しい想いをいたしました。スープラ復活を待ち望んでいたのは世界中の多くのファンだけでなく、私も『スープラを復活させたい』という想いを密かに持ち続けていました。新型GRスープラは、ニュルブルクリンクで鍛えられ、生まれたクルマです。走る楽しさ以上の経験を提供できるクルマになったと、自信を持ってお伝えします」と述べたそうです。

チーフエンジニアは、86も「復活」させた多田哲哉氏。多田さんは「走る楽しさを極めたピュアスポーツカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています」と語りました。

先日のプロトタイプ試乗会では、直列6気筒モデルに試乗しましたが、フロントヘビー感は特に感じられず、ドライバー中心に曲がっていく様は、トヨタが望んでBMWが仕上げたものだろうと感心しましたが、さらにフロントが軽く、重心が車両中央よりになる4気筒モデルが非常に気になるところです。

また、もっとも気になる価格ですが、アメリカでは約5万ドルからとされていますので、日本でも同様に500万円前半から用意されることを願うところです。

新型スープラの日本での発売は、2019年春頃とアナウンスされています。

<新型スープラ(日本仕様)主要諸元>
グレード RZ/SZ-R/SZ
排気量(L) 2.998/1.998/1.998
エンジンレイアウト 直列6気筒/直列4気筒/直列4気筒
過給 ツインスクロールターボ
トランスミッション 8速スポーツAT
駆動レイアウト FR
乗車定員(人) 2
最高出力(kW[PS]/rpm) 250[340]/5,000-6,500/190[258]/5,000-6,500/145[197]/4,500-6,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 500[51.0]/1,600-4,500/400[40.8]/1,550-4,400/320[32.6]/1,450-4,200
0-100km/h(秒) 4.3/5.2/6.5
車両重量(kg)(社内測定値) 1,520/1,450/1,410
全長(mm)(社内測定値) 4,380
全幅(mm)(社内測定値) 1,865
全高(mm)(社内測定値) 1,295/1,290/1,290
タイヤ FR 255/35R19RR 275/35R19/FR 255/40R18 RR 275/40R18/FR 225/50R17 RR 255/45R17
ホイールベース(mm) 2,470
FRトレッド(mm) 1,594/1,609/1,609
RRトレッド(mm) 1,589/1,616/1,616

(clicccar編集長 小林 和久)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【TOYOTA GR Supra試乗/渡辺敏史】新型「GRスープラ」は『らしい直6』か『軽やかな直4』か? SZ~RZの間には想像以上の差異がある
トヨタ・GRスープラにMTモデル設定の予兆。サプライズでの登場も?
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明
実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い!
ノーマル主義の人も一度は見ておくべきスタイル。新型スープラに「GRパーツ(TRD)」が登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事