【東京オートサロン2019】絶対に販売するべき。だってみんなが欲しいから。ジムニーはやっぱりトラックが似合う

●ジムニーだらけ(?)のオートサロンで一番話題の「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

今年の東京オートサロンは、ジムニーだらけだった。右に行っても左に行っても、上を向いても下を向いても新型ジムニーばっかりで、石を投げればジムニーに当たるっていう状態(←多少の誇張あり)。

そんなジムニー人気を、メーカー自身のスズキが放っておくわけがない。スズキブースに行ってみると、中央に置かれたステージの上という一番目立つ場所にありましたよ、新型ジムニーが。

ここで素直に告白します。ハートを盗まれちゃいました。スズキブースにあったそんなジムニーに。

だってズルい。ジムニーの後部をぶった切って、ピックアップトラックにするなんて反則過ぎる。魅力的すぎるって。楽しすぎるって。

というわけで個人的に思い切りツボにはいった「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」。このクルマ、最高ですわ。

実はかつて、海外ではピックアップトラック仕様のジムニーが正規に販売されていたことがあって、このクルマはいわばその現代版。成り立ちとしては、数年前に日本でも販売していたトヨタ・ランドクルーザー70のピックアップと同じですね(あれも超魅力的なクルマだった)。

ちなみにこのジムニートラックは、シエラをベースにホイールベースはそのまま、荷台の実用性を考えてリヤオーバーハングは30cmほど伸ばしているとのこと。ベースがシエラだから、全長が伸びても問題ないしね。

細部の仕上げを見た感じは残念ながら市販前提の作り込みではなかったけれど、お願いだからこのまま売って!

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。