【東京オートサロン2019】4ナンバーで公道走行可能な「HIACE W PICKUP TRANSPORTER」が572万円(税別)から登場

●ハイエースがピックアップトラックに!公道走行も可能なカスタマイズモデル

トランスポーターのスペシャリストであるOGUshow(オグショー)の「HIACE W PICKUP TRANSPORTER」は、ハイエースのマイナーチェンジにより発売が延期されていたものの、今年から市販が開始されるモデルです。

200系ハイエースの「S-GL」標準ボディ/標準ルーフをベースに、オグショーが製作した4ナンバーピックアップトラックで、5人乗り仕様になっています。公道走行に備えて強度も確認されているというモデル。

注目の荷室は、最大床面幅が1530mm、荷台高が約695mm。リヤゲート開けることで、約2150mmまでの荷台床面長を確保できます。リヤゲートまでの高さは約610mmで、最大積載量は850kg。

さらに、リヤゲートを倒した部分に設置できるオプションのリヤラダーは脱着可能で、多くの荷物を積む際や、重い荷物を持ちながら荷室に上がる際に使えるそう。可倒式のリヤゲートは、開放状態での積載にも対応し、450ccクラスのモトクロッサーの積載もできます。セカンドシートは、TSTiシート(1400mm幅)でフルフラットにも展開できます。

ベース車両の価格は、ディーゼル4WDが645万円、ガソリン2WDが572万円、ディーゼル2WDが620万円(税別)です。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事