ランボルギーニがコンパクトスーパーカー「Vega」を開発中? 予想CGを入手

ランボルギーニが、同ブランド最小となるスーパーカーを開発している可能性があることがわかりました。

詳細は不明ですが、「Vega」(ヴェガ)という名称が候補に上がっているようです。入手した予想CGからは、ローダウンされたボディはフロント及びリアオーバーハングが切り詰められ、ショートホイールベースを特徴としているのがわかります。

またコンパクトなヘッドライトを装備しつつもアグレッシブなフロントエンドがみてとれます。リアエンドでは、スポーティーな高精度ガラスエンジンフードや、ランボルギーニで珍しいLEDストリップライト、バンパー上部にはセンター出しツインエキゾーストパイプを装着し、次世代スーパーカーを予感するエクステリアとされています。

パワートレインは未確定ですが、ハイブリッドが有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事