ランボルギーニがコンパクトスーパーカー「Vega」を開発中? 予想CGを入手

ランボルギーニが、同ブランド最小となるスーパーカーを開発している可能性があることがわかりました。

詳細は不明ですが、「Vega」(ヴェガ)という名称が候補に上がっているようです。入手した予想CGからは、ローダウンされたボディはフロント及びリアオーバーハングが切り詰められ、ショートホイールベースを特徴としているのがわかります。

またコンパクトなヘッドライトを装備しつつもアグレッシブなフロントエンドがみてとれます。リアエンドでは、スポーティーな高精度ガラスエンジンフードや、ランボルギーニで珍しいLEDストリップライト、バンパー上部にはセンター出しツインエキゾーストパイプを装着し、次世代スーパーカーを予感するエクステリアとされています。

パワートレインは未確定ですが、ハイブリッドが有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載
ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?
クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事