【東京オートサロン2019】TRDからは旧型スープラ、ハイラックス、プリウスを出展

TRDブランドからは、コンセプトカーで大型リヤスポイラーと大径タイヤが目を惹く「80スープラ GT500・モディファイモデル」をはじめ、マイナーチェンジ後プリウス、ハイラックスの特別仕様車が登場。

市販仕様のプリウス「Aggressive Style」は、エアロキット「ICONIC STYLE」を装着。フロントスポイラー(LED付)、サイドスカート、リヤバンパースポイラー、リヤトランクスポイラーをはじめ、エアロドアミラーフィン、ルーフガーニッシュ、同社渾身作の18インチタイヤ&アルミホイールセット(TRD TF9)などにより、TRDらしいまとまりのある仕上がりになっています。

ブース奥にあるハイラックスは、特別仕様車の「Z “Black Rally Edition”」。専用設計されたフロントアンダースポイラー(Black Rally Edition”仕様)、フォグランプベゼル(Black Rally Edition”)、サイドデカールのほか、2本出しのハイレスポンスマフラー、マッドフラップなどが装着されています。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事