【新型VWパサート・オールトラック試乗】ワゴン派生型クロスオーバーモデルの美点とは?

●クロスオーバーモデルの美点を堪能できるパサート・オールトラック

全長4780×全幅1855×全高1535mm、160mmという最低地上高が与えられたパサート・オールトラック。ヴァリアントより全高は50mm高く、最低地上高も30mm引き上げられています。160mmのロードクリアランスは、雪道や林道程度なら不足はなく、しかも背の高いSUVのように大きく足や腰を上下させる必要がなく、小さな子どもでも楽に乗り降りできます。

AWDである点もパサート・オールトラックの魅力。ゴルフ・オールトラックと同じようにハルデックス・カップリングを使うAWDも公道のオフロード走行程度なら問題はないはずで、クラッチ油圧により0%〜100%の範囲で制御し、前後輪の駆動トルク配分は「100:0〜50:50」内で行われます。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

ビギナーからベテランまで安全運転とサーキット走行が体験できる「GTI Driving Experience」
【新車】VWゴルフ・ヴァリアント、ゴルフ・オールトラックに安全装備が充実した特別仕様車「マイスター」を設定
【新車】現行VWゴルフの集大成となる特別仕様車「マイスター」は、充実の安全装備が魅力
【新車】次期VW・ゴルフはマイルドハイブリッド化。そのディテールが見えた!
いよいよ8代目へ。新型・VWゴルフ、最終デザインを公開。9月デビューが濃厚

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事