次はカブリオレ! 新型ポルシェ・911 カブリオレの偽装なしの開発車両をキャッチ

●新型911の派生モデル第1弾は「カブリオレ」!

ポルシェは、11月のロサンゼルスモータショーにて、8代目となる「911 カレラS/4S」を発表したばかりですが、2019年に公開予定のオープン派生モデル、「911 カレラS/4S  カブリオレ」の市販型プロトタイプをキャッチしました。

惜しげもなくフルヌード姿で出現した開発車両は、ルーフは電動ファブリックを採用し、ホイールはフロント20インチ、リア21インチのホイールにイエローのブレーキキャリパーが見て取れます。またリアビューの、LEDストリップライト下部のテープは、「カレラ4S」のバッジを隠すためでしょう。

パワートレインは、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は450ps、最大トルクは530Nmを発揮します。

「911カレラS」の0-100km/h加速は3.7秒、4WDの「911カレラ4S」は3.6秒のパフォーマンスを持ち、オプションのスポーツクロノパッケージ仕様車では、さらに0.2秒短縮します。カブリオレでは、それぞれのパフォーマンスが0.1秒から0.2秒遅くなると予想されます。

911カブリオレのワールドプレミアは、早ければ2019年1月のデトロイトモーターショーですが、遅れれば3月のジュネーブモータショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?
BMW・3シリーズ ツーリングの次期型は、セダンと異なるリアクォーターウィンドウを採用?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事