2019年、アウディ・A4が大変身! よりシャープな外観に

●2年連続の改良で外観が大幅変更されるアウディ・A4

アウディのDセグメント・サルーン、「A4」に設定されるワゴン「A4アバント」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

「A4」は2018年6月に改良型を発表したばかりです。それからわずか半年でさらなる改良型が目撃されるのは異例といえますが、今回の改良モデルではエクステリアが大幅に更新されそうです。

スウェーデンの山中で捉えた開発車両は、ヘッドライト上部に太いLEDデイタイムランニングライトを装備しています。新グラフィックのヘッドライト、よりワイドでシャープになったグリルのほか、バンパーも刷新されているようです。

サイドビューでは、ドアノブ、フェンダーがリフレッシュされ、リアビューでは、長方形エキゾーストパイプ、新バンパーが見てとれます。テールライトには手が入ってない様子ですが、変えてくるはずです。

キャビン内も刷新されます。インフォテインメントシステムやデジタル・インストルメントクラスタの最新バージョンを装備し、兄貴分「A6」にインスパイアされたコックピットデザインが採用されます。

パワートレインは、最高出力150psを発揮する1.4リットル直列4いい等TFSIガソリンターボエンジン、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒TFSIガソリンターボエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いですが、出力、トルク、燃費が向上されるかもしれません。

ワールドプレミアは2019年末が予想されており、2年連続の進化が見られそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW「M」の新型モデル発表か? 謎のティザーイメージに隠されたヒントとは
ブガッティ・シロンの後継モデル、「Type 103」予想CG公開!
アメ車も本格的なハイブリッド時代へ。人気SUVのシボレー・トレイルブレイザーの次世代型が電動化!
SLや8シリーズがライバル。レクサス・LCコンバーチブル市販型、7月にも公開?
アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事