日産・セレナAUTECHは標準車+α の価格で手が届く魅力的なプレミアムモデル(PR)

ミニバンがファミリーカーの定番となり、休日のショッピングモールの駐車場や高速道路のパーキングエリアなどではズラリと並んでいます。なかでも、2018年上半期ミニバン販売台数No.1に輝いた日産セレナのような人気モデルになると、駐車場で自分のクルマ探しもひと苦労……なんてこともあるでしょう。

セレナをはじめとした人気車種を購入しようと検討しているユーザーは、街で多く見かける車種だからこそ、ほかの人と差別化を図りたいと思う人も多いと思います。

そういったユーザーのニーズに応えてきたのがエアロパーツを装着し、「見た目」での差別化を図るドレスアップです。実際、国産車のミニバンではエアロパーツ装着グレードが人気で、セレナでもハイウェイスターが売れ筋グレードとなっています。

しかし見た目だけの差別化を図るドレスアップが主流になると「見た目はそれほど目立たなくていいから、従来とは異なる新しい魅力」を求めるユーザーの声も聞かれるようになりました。そういった声に応えて、プレミアムスポーティと呼ばれる上質さと先進性を表現した外観、そして内装に使用する素材まで質感にこだわったモデルがセレナにラインアップされました。それが、セレナAUTECHです。

 

セレナAUTECHを手掛けるオーテックジャパンのカスタムカーの歴史は古く、セレナハイウェイスターのルーツとなるラルゴハイウェイスターを製造・販売したミニバンのカスタマイズのパイオニア的な会社なのです。その後オーテックジャパンは内外装の変更に加えて、走行性能を向上させたコンプリートカー「ライダーシリーズ」を販売し、ブランドの地位を揺るぎないものとしました。

 

ライダーシリーズで成功を収めたオーテックジャパンが、新しいカスタムカーの提案として2018年1月に発表したモデルがセレナAUTECHです。オーテックジャパンがこれまで蓄積したクラフトマンシップを注入したこのモデルは、見た目の違いはさりげなく、しかし長時間過ごすインテリアは視覚、触感で質感の高さを感じられるように仕立てられているのが特徴です。

今回セレナAUTECHの魅力を紹介するために、標準車の人気グレード、ハイウェイスターを用意。2台を比較しながら、セレナAUTECHのこだわりのポイントを紹介しましょう。

『日産・セレナ』の最新記事
日産・セレナ、ウリのはずのプロパイロットとe-POWERにある意外な弱点とは?【後編・悪い点】
マイナーチェンジを実施した日産・セレナ。迫力のフロントフェイスとセーフティシステム標準装備は魅力的【前編・良い点】
ブリヂストン・エコピア
ブリヂストン「ECOPIA EP150」が日産 セレナe-POWERのOEタイヤに選定
「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由(PR)
【日産・セレナ e-POWER試乗】e-Pedalで意外なほどにスポーティに走れてしまうセレナe-POWER
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事