アウディ・S1次期型、強力2リットル・クワトロが250馬力へ進化!

アウディのコンパクトハッチバック5ドア「A1スポーツバック」に設定されるハイパフォーマンスモデル、3ドアの「S1」開発車両を初めてカメラが捉えました。

キャッチした開発車両はヘッドライトこそダミーですが、メッシュのラジエーターグリル、大型のコーナーエアインテーク、リップスポイラー、サイドシル、クワッドエキゾーストパイプが見てとれます。市販型では、18インチホイールやルーフスポイラーも装着されるはずです。またLEDテールライトは市販パーツの可能性が高いです。

次期型では、「MQB A0」プラットフォームを採用し、軽量化と剛性が高められます。またホイールベースを延長し、居住空間も向上するでしょう。心臓部には、現行モデルから進化した2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルの231psから250psへ向上すると見られています。駆動方式は「quattro」が採用されますが、トランスミッションにMTが設定されるかは不明です。

ワールドプレミアは2019年後半が予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

起亜・シードにSUVが設定へ。3月にもワールドプレミアか?
2022年にレベル5の自動運転を実現か? テスラ・モデルSの次期型情報を入手
ジャガーXEが初のマイナーチェンジ。目玉は新開発の直6インジニウムエンジン!?
3月デビューの新型・アウディ「RS7」、超加速力を雪中で披露
メルセデス AMG CLA「35」vs「45」!最高出力300馬力&400馬力オーバー

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事