【新型デリカD:5 試乗】3列目がなぜ広いのか? 秘密は専用設計のリヤサスにありました

新型デリカD:5では大胆にイメージが変更されたフロントやリアデザイン、刷新されたインパネなどに注目が行きがちです。しかし、ここで従来からこのデリカD:5が持っている美点をチェックしてみましょう。

それはすっきりとスクエアで広い3列目シート周りの空間です。まず3列目シートへの乗り込みは、飛び道具的要素はありませんが非常に簡単です。

2列目シートの座面をチップアップして前にスライドさせてやれば、大型のスライドドアによって大きな乗降口が確保されるからです。

3列目シートはヒザ前も、頭上の空間も、そして肩周り空間も非常に広いです。

またこの空間は突起が抑えられたスクエアな形状となっているのが特徴で、視覚的にも開放感があふれるものです。部屋の模様替えでうまいことカラーボックスを移動したら、部屋が広々した、みたいな(違うか?)。

このスペースは5ナンバーボディが基本となっているミニバン等とは、明らかに一線を画す広さを持っています。それは全長が4800mm、全幅が1795mmと5ナンバーサイズを超えたボディによるところはとても大きいのですが、実はそれ以外にも設計時点である秘密が仕込まれています。

それはサスペンションの配置です。フロントがストラット、リアがマルチリンクというサスペンション形式はプラットフォームの基本が初代アウトランダー系と同じです。

ただしアウトランダーではリアサスペンションにおいてショックアブソーバーとスプリングが同一軸で配置されています。

これに対してデリカD:5ではショックアブソーバーの内側にスプリングを配置する専用設計としました。

これはフロアへの出っ張りを抑え、3列目シート周りの空間を大きく確保するためです。この専用設計が施されたことによりデリカD:5のリア部分の床面は低く、そしてフラットにすることができました。

結果、後席の居住性はもちろんのこと、3列目シートを跳ね上げて荷室として使う際にも使い勝手の良いスペースが生まれたというわけです。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『三菱自動車』の最新記事

三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?
【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
三菱自動車が遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店
【新車】三菱パジェロの国内向け生産が今夏で終了。ファイナルエディションは453万600円で販売
世界に誇れる高い完成度を誇る三菱アウトランダーPHEVが累計販売台数20万台を達成

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事