【新車】ゴルフ・ヴァリアントに人気オプションを満載した特別仕様車「テックシリーズ」が登場

フォルクスワーゲンのゴルフ・シリーズに相応しい高速走行安定性に加えて、高い積載性を備えた実用的なワゴンモデルでもあるゴルフ・ヴァリアント。

2018年4月に導入された「ゴルフ・テックシリーズ」シリーズは、装着率の高いオプションを標準装備とした点などが評価され、導入後約2か月で約1,400台の受注となるほどの人気を集めたそうです。

2018年11月13日、「ゴルフ・ヴァリアント・テックシリーズ」シリーズを導入することで、ゴルフ・シリーズと同様にヴァリアントもラインナップをさらに充実させ、多様なニーズに応えるとしています。

今回設定された「ゴルフ・ヴァリアント・テックシリーズ」は、デジタルメータークラスターやフォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムなどが標準装備された特別仕様車「TechTEdition(テックエディション)」シリーズとして、TSIコンフォートラインとTSIハイラインの2グレードに設定されています。

3,169,000円の「ゴルフ・ヴァリアント TSI コンフォートライン・テックエディション」は、デジタルメータークラスターの「Active Info Display」が初採用されるほか、オプション装備の純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」やLEDヘッドライト、17インチの専用アルミホイールを標準装備。コンフォートラインでも魅力的な装備となっています。

一方、上級仕様の「ゴルフ・ヴァリアント TSI ハイライン・テックエディション」は3,669,000円。標準モデルにオプションのデジタルメータークラスター「Active Info Display」と純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」を標準装備。

さらに、ハイビーム使用時の対向車への眩惑を防ぐ「ダイナミックライトアシスト」やステアリング操作に連動してヘッドライトの照射エリアを調整する「ダイナミックコーナリングライト」、LEDテールランプなどの安全、快適装備も新たに標準装備されています。

なお、オプション(税込)となる有償オプションカラーの「ターメリックイエローメタリック」が32,400円。「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(ハイラインのみ)」が64,800円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
フォルクスワーゲン Tクロス
年内に日本に導入予定の新型コンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」のティザーサイトがオープン【新車】
フォルクスワーゲンがコンパクトSUV「T-Cross」を発表。年内に日本国内でも発売開始か?
真打ちは最後の最後に登場!? 洗練された特性のディーゼルユニット【ゴルフ TDI試乗】
新虎ヴィレッジの全景
フォルクスワーゲンがユニークな遊び場「新虎ヴィレッジ」を虎ノ門にオープン
安全・快適装備が充実したフォルクスワーゲン・ポロ「TSI Comfortline Limited」が2,599,000円で登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事