メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?

メルセデス・ベンツの新型コンパクト・オフローダー「GLB」最新プロトタイプを捉えるとともに、そのコックピットをカメラが激写しました。

グリーンシートで覆われたキャビン内には、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデスユーザーエクスペリエンス)を搭載した、タッチスクリーン対応10.25インチワイドディスプレイと、デジタルインストルメントクラスタを一枚のガラスカバーで融合したコックピットを搭載。その下にジェット機のタービン風3連レジスターを配置し、まさに「Aクラス」新型とそっくりなコックピットが見てとれます。

「GLB」は、「GLA」と「GLC」の中間に位置するクロスオーバーSUVで、全長はGLC寄りの4600mm程度と予想されているモデルです。この2台と同様に最新世代「MFA2」アーキテクチャを採用しますが、その2車種との決定的違いは「ベイビーGクラス」とも言われるボクシーなスタイルです。

パワートレインは、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジンをエントリーモデルに、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジン、新開発1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルをラインアップし、7速デュアルクラッチと組み合わせます。

販売価格は、GLAの33,400USドル(約380万円)は超えますが、GLCの40,050USドル(約450万円)を超えることはなく、GLAに近い価格が予想されます。

ワールドプレミアは2019年内が有力で、発売は2020年となりそうです。また、ハイパフォーマンスモデルの「AMG GLB 35」や「AMG GLB45」などの登場も噂されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ
MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事