伝統のソフトトップ採用!「BMW・4シリーズ カブリオレ」はフルチェンジで直3も設定

BMWのコンパクト2ドアオープン「4シリーズ カブリオレ」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

「4シリーズ カブリオレ」は、3シリーズ「カブリオレ」後継モデルとして2013年に初代が登場。20秒で開閉可能なメタルトップを装備し、スタイリッシュなコンパクト・オープンとして人気を博していますが、キャッチしたプロトタイプを見て分かる通り、ルーフが電動リトラクタブル・ハードトップからBMW伝統のソフトトップ変更されるようです。

捉えたプロトタイプは、ダミーのヘッドライトやテールライトを装着した完全防備のフルカモフラージュです。しかし、キドニーグリルに被されたフロントメッシュの奥には、「Z4」新型と同じグリルパターンが見えています。

プラットフォームには、10月に発表された新型「3シリーズ」と同様「CLAR」を採用し、ホイールベースを延長。ファブリックルーフの採用と合わせて大幅な軽量化が期待できそうです。

パワートレインは未確定ですが、直列4気筒エンジンと直列6気筒エンジンが引き続き採用されるほか、直列3気筒エンジンの設定も噂されています。開発車両の状態からもワールドプレミアは2020年以降と見られます。

室内では、フルデジタル・インストルメントクラスタを採用。最新のタッチスクリーン、シフターなどを装備するとともに、次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」の採用も期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ
MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事