【新車】トヨタ・パッソがマイナーチェンジ。内外装の質感向上と安全装備を強化

トヨタ・パッソ、ダイハツ・ブーンはブランド違いの兄弟車で、ダイハツが主体となって開発されたコンパクトカー。両モデルともに10月10日にマイナーチェンジを受けました。

トヨタ・パッソは、デザインや質感の向上をはじめ、歩行者検知機能付きの衝突回避支援システムの設定により安全性の強化が図られています。

デザインから見ていくと、スマートかつ上質な装いの「MODA」シリーズは、大開口フロントグリル、L字型のフォグランプベゼルでワイド感を強調、大胆かつ上質な印象に仕上げたとしています。

ボディカラーでは、暖色系の「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」がオプションで新たに設定されています。

「MODA“G package”」には、上質さが追求された15インチアルミホイール、フォグランプベゼルに配したLEDイルミネーション、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにしたドレスアップパッケージが新たにオプションで用意されています。

一方の「X」シリーズは、フロントグリル上部に配されたシルバー塗装のアクセントでシンプルかつシャープな印象を付加。

もう1つの大きなテーマである安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどをパッケージ化した衝突回避支援システムの「スマートアシストⅢ」と、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを「X」をのぞき標準装備。

さらに、真上から見ているように周辺映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビュー対応ナビレディパッケージを「X」をのぞきオプション設定し、駐車時の安全確認をサポート。

マイナーチェンジを受けたトヨタ・パッソの価格帯は、1,177,200円〜1,868,400円です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

【CEATEC JAPAN 2018】トヨタの次世代スマホ連携サービス「Smart Device Link(SDL)」とLINEが手がける「Clova Auto」とは?
トヨタとソフトバンクが新会社を設立。2020年代半ばをめどにEVの自動運転車を使った移動モビリティサービスを開始
こどもたちの作品から見えてくる未来は? 第12回トヨタ夢のクルマアートコンテスト
トヨタがスマホホルダーを本気で開発中!? 本日オープンのTOYOTA MOBILITY SHOWROOMへ行ってきました
【新車】トヨタのマイクロバス「コースター」に先進安全機能を標準装備

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事