【新型マツダ・CX-5試乗】待望の2.5Lガソリンターボは鋭い加速が魅力。2.2Lディーゼルにはクラス唯一の6MTを新設定

2012年にデビューを果たした初代CX-5以降の新世代商品群(第6世代)のマツダは、毎年のように商品改良を実施することで、最新の技術や装備などが備えられた最新モデルを販売店に並べる戦略を取っています。

2代目となる現行CX-5は2016年12月に発表され、翌年2月から発売されたばかり。そんな中、2018年10月11日に商品改良を受けました。同日から予約受注を開始し、11月22日から発売が開始されます。

『マツダ』の最新記事

六本木にヴィジョンクーペが出現。マツダが「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に参加
マツダがまたやった! マイナーチェンジで他社ではやるハズないこと4選!!
【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ
ホンダ・S660に、7インチナビや電子ルームミラーのオプションが新設定
マツダとSUBARU、なぜ社長交代が同じタイミングとなったのか?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事