【日産・リーフNISMO試乗】リーフのプロパイロットに感じた不満とは?

前編ではリーフNISMOの良い点と気になる点について、元某メーカーのシャシーエンジニアの端くれだった筆者が『忖度一切なしに』レビューしてまいりました。引き続き、今回の後編もレビューをしてまいります。

[リーフNISMOの良い点]一般道でもわかるコーナリング時の安定感の高さ

タイヤサイズがノーマルのリーフ標準205/55R16から225/45R18と大径、幅広化され、タイヤのグリップ性能も上がっていることを明確に感じます。そのため、コーナリング時の安定感は、ノーマルのリーフよりも20%、30%くらい高く感じます。

タイヤのグリップが上がると、ステアリングがまっすぐの位置に戻るセルフアライニングトルクは増え、ステアリング操作が重たくなるのがセオリーですが、リーフNISMOは操舵力も保舵力もノーマルのリーフと変わらないくらいに軽くできています。

素早い操舵に対して、一瞬の間をおいてクルマが反応する動きは、ノーマルのリーフとさほど違いを感じませんでしたが、一般道レベルでの走行では差が出ないのかもしれません。

[リーフNISMOのあと一歩②]物足りないシートのホールド性

シートのサポート性が若干緩く感じ、『NISMO』のクルマとしては若干物足りなく感じます。

もともとリーフはシートの幅が広く、身体をゆったりと支える形状をしていましたが、ジュークやマーチといったNISMO Sモデルに採用されているサポート性能の優れたRECARO製のNISMOシートが、リーフNISMOではオプションにも入っておらず、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。

『NISMO仕様はばシートやステアリングなどドライバーが触れる部分の装備は統一する』というような「強い信念」が欲しい所です。

『日産・リーフ』の最新記事

【日産リーフe+試乗】航続距離を伸ばしパワフルになっても室内空間を犠牲にしなかったリーフの大容量バージョン
【日産・リーフe+】史上最強の「リーフ」登場。ブルーのリップスポイラーが「最強の証」!?
【日産・リーフ ニスモRC試乗】「まだまだ速くなれるけど、クルマとしての面白みも残す」。開発ドライバー・松田次生選手に話を聞く
【日産・リーフ ニスモRC試乗】ほぼワンオフの4WD化フルチューン。コストダウンを狙った現実的な造りにも注目
【日産・リーフ ニスモRC試乗】いまこそ「やっちゃえ日産」だ! 市販EVベースのレース実現を…という期待感を抱かせる仕上がり

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事