【日産・リーフNISMO試乗】鋭く、素早い反応特性にセッティングされたワンペダルドライブ

2018年7月、電気自動車のリーフにNISMO仕様が登場しました。スポーティなロー&ワイドのエアロパーツ、18インチの大径ホイール、内外装に入るレッドのアクセントラインが『NISMO』だということを、私たちに訴えかけてきます。

リーフNISMOは税込403万2,720円、ベースになるリーフ X(税込351万3,240円)に対しては約50万円高いという価格設定。はたして、それだけの価値があるのか、今回、前編後編の2回に分け、元某メーカーのシャシーエンジニアの端くれだった筆者が、「一切の忖度をせず」にレビューしていきます。

ノーマルのリーフからの大まかな変更点は、エクステリア、インテリア、足まわり、ECUのチューニングです。

高速走行時の安定性向上を狙い、ダウンフォースの増大を狙った専用の前後バンパーを装着。インテリアは、アルカンターラ巻の3本スポークステアリング、小さくニスモのロゴが入ったメーター、ガンメタ色になったシフトスイッチ、助手席のインパネ表皮にカーボン調、ところどころにレッドの縁取りが施されています。シートは、形状こそノーマルのリーフと変わりませんが、赤とグレーのステッチが追加されています。

さらに、NISMOらしい加速感を追求してコンピューター(VCM)を専用チューニングしています。ノーマルのリーフと同一の最高出力・最大トルクですが、Dレンジ/Bレンジともに、よりエキサイティングな走りを実感できるよう、加速度が強めにセッティングされています。

『日産・リーフ』の最新記事

【日産リーフe+試乗】航続距離を伸ばしパワフルになっても室内空間を犠牲にしなかったリーフの大容量バージョン
【日産・リーフe+】史上最強の「リーフ」登場。ブルーのリップスポイラーが「最強の証」!?
【日産・リーフ ニスモRC試乗】「まだまだ速くなれるけど、クルマとしての面白みも残す」。開発ドライバー・松田次生選手に話を聞く
【日産・リーフ ニスモRC試乗】ほぼワンオフの4WD化フルチューン。コストダウンを狙った現実的な造りにも注目
【日産・リーフ ニスモRC試乗】いまこそ「やっちゃえ日産」だ! 市販EVベースのレース実現を…という期待感を抱かせる仕上がり

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事