F1ドライバーなのにエンジニア!? セルゲイ・シロトキンの休日に迫る【F1速報×F1女子~イタリアGP号~】

F1ファンにとってドライバーは、まるでハリウッドスターのような憧れの存在ですよね。最近では自身のSNSでプライベート写真を投稿するドライバーが多くなりましたが、「もっと詳しく知りたいなぁ」と思っているのは私だけじゃないはず!

そんな願いを叶えてくれるのが、9月6日(木)に発売された「F1速報イタリアGP号」です。

 

■F1ドライバーの休日

本誌の名物コーナー「F1ドライバーの休日」は、シーズン中、世界中を転戦しているF1ドライバーはつかの間の休日をどのように過ごしているのか、 そのプライベートを覗くことができちゃうドライバー好きにとってありがたーいコンテンツなんです。

13回目となる今回は、今シーズンウイリアムズからF1デビューを果たし3人目のロシア人ドライバーとなった、セルゲイ・シロトキンの登場です。

シロトキンのチームメイトは、フォース・インディアを買収しチーム存続危機を救ったカナダ人大富豪のローレンス・ストロールの息子、ランス・ストロールお坊ちゃま。どうしても彼のほうがインパクトが強くてシロトキンはあまり印象に残らないドライバーだったのですが(失礼)、このコンテンツを読んで「こういう人だったのか!」と新たな発見がたくさんありました。

その中でも特にびっくりしたのが、昨年モスクワにある自動車道路工科大学を卒業し、大学の学位を持つエンジニアだということ!

ウイリアムズのあるスタッフが「F1ドライバーの多くが感覚的であるのに対し、セルゲイはとても理論的でフィードバックの細かさに驚いた」と証言している通り、質問に対する回答が非常に論理的、たとえば起床時刻をたずねると、ほとんどのドライバーは休日の朝を思い出しながら時刻を教えてくれるのだそうですが、シロトキンは記憶ではなく計算によって答えを出すのだそうです。

「休日には少なくとも8時間は、睡眠時間を取るように心掛けているんだ。前日の夜にベッドに入るのが夜の11時だから、8時間後……ということは朝の7時だね」

この他にも「朝食にタマゴを5個食べる」「散歩は1日5時間」というびっくりエピソードがいっぱい! ちなみに、タマゴの食べ方が独特で面白いですよ(笑)。気になる方は、ぜひ本誌でチェックしてみてくださいね。