【ルノー・メガーヌRS試乗】強力なエンジンとそれを支える高性能シャシーの組み合わせが生み出す、別次元の走り

ルノー・メガーヌはヨーロッパではごく普通に使われているCセグメントの乗用車です。たとえばトヨタのカローラスポーツやシビック、アクセラ、そしてVWゴルフなどと同じジャンルのクルマと思って下さい。

通勤や生活に使われるようなごくごく普通のクルマなのですが、そのメガーヌをベースとしたスポーティモデルが存在します。現行モデルはスポーツタイプのメガーヌのみが日本には輸入されています。最初に輸入されたのはGT、そしてGTラインと言われるモデルでした。そして今回、さらにパフォーマンスを高めた「RS」が追加されました。

「RS」の特徴をざっくりと紹介すると、エンジンは1.8リットルのターボで279馬力を発生。これをフロントに搭載して、フロントタイヤのみを駆動するFF方式を採用しています。かつて、スカイライン(R32)にGT-Rが復活したときに採用されたRB26DETTが280馬力でした。標準のスカイラインはFRでしたが280馬力の出力を効率よくかつ安全に使うために採用されたのがアテーサE-TSという4WDシステムであったことを考えると、279馬力をFFで走らせるというのはかなりのシャシー性能が求められることになります。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事