ホンダ・タイプR対抗の大本命! ルノー最強のホットハッチ「R.S.トロフィーR」がニュルに登場

●FFモデルのニュル最速の座は譲らない! ルノーからホンダ・タイプRのライバルが登場

ルノーは昨年12月、人気ハッチバック「メガーヌ」に高性能「メガーヌR.S.トロフィー」を設定しましたが、さらなるハードコアモデルとなる「メガーヌR.S.トロフィーR」のプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

キャッチした開発車両は、ブラックの9スポーク19インチホイール、レッド・ブレーキキャリパーを装備。ボンネットにカモフラージュされたエアスクープ、フロントバンパーには「Megane RS 275 Trophy-R」を彷彿させる赤いウィングが装着されています。

そのウィングの中心に白いテープが貼られていますが、「Trophy-R」のロゴが記されている証拠です。そのほか、ボディ側面もテープでカモフラージュされており、やはり「Trophy-R」の象徴である赤いアクセントが隠されているはずです。

「トロフィーR」は2014年3月、セアト「レオン クプラ280」により奪われたニュルFF市販車最速記録を奪還するために登場。6月にはニュル北コースで7分54秒36のレコードを叩き出しました。現在は、ホンダ「シビックType R」の7分43秒80がニュル北コースにおけるFF市販車最速記録となっており、新型「トロフィーR」はこれに挑むことになります。

「メガーヌR.S.トロフィー」のパワートレインは1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンで、最高出力300ps・最大トルク420Nmを発揮。0-100km/h加速は5.7秒で駆け抜けます。対して「R.S.トロフィーR」のパワートレインは不明です。しかし、後部シートを排除するなど大幅な軽量化とともに、最強のパフォーマンスを発揮するのは間違いありません。

ニュルでの高速テストも順調に進んでおり、「タイプR」への照準は定まっているようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

Lynk & Co 第5のモデルはロータス初のクーペSUVと兄弟車に!?
メルセデス・ベンツ初のEVオフローダー「EQB」、航続500kmで2021年にもデビュー!
新型マツダ・アクセラに250馬力の高性能モデル「スピード」が設定か?
FFになっても「駆け抜ける歓び」は健在! BMW・新型1シリーズの最強ホットハッチをキャッチ!
メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」、最終デザインが徐々に露出!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事