前後大胆チェンジで10月デビュー!? メルセデスAMG GT改良型は500馬力へパワーアップ

メルセデス・ベンツのスーパースポーツ「AMG GT」改良型を初めてカメラが捉えました。このフェイスリフトでは、前後デザイン、エンジンや室内が大きく進化しそうです。

捉えた開発車両からは、新グラフィックを持つヘッドライトが確認できますが、パナメリカーナグリルやフィンで区切られたコーナーエアインレットは現行モデルから継承されるようです。

大きな変化を見せるのはリアビューです。ツインからクワッドエキゾーストパイプへの変更、バンパー両サイドには「GT C」から継承する縦型エアベントを装備します。さらにテールライトの間にも小さなエアアウトレットが備えられています。

パワートレインも大幅進化。現行モデルでは4リットルV型8気筒を搭載し、最高出力469psを発揮します。改良型では同エンジンをブーストアップし、最高出力を500psへ向上されるとレポートされています。

10月のパリモーターショーにも実車が公開され、2018年内にも発売されると予想されていますが、撮影が8月と直前すぎる気もするので、2019年以降の公開の可能性もあると思われます。

(APOLLO)