【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ試乗】強化されたボディ剛性と新採用のエンジンが洗練された乗り味を実現

新型モデルにスイッチしても「はしご型」ラダーフレーム構造を採用するジムニー(ジムニーシエラ)。2本のクロスメンバーを追加し、さらにXメンバーの新設により、ねじり剛性を約1.5倍に高め、オフロードからオンロードまで走りを磨き上げています。

林道などのオフ、ラフロードで活躍するシーンが多そうなジムニーでも、メインで走るのはオンロードというケースが多いはず。まずは、舗装路での走りをチェックしたいと思います。

フレームとボディの間にある合計8つのマウントゴムは、大型化により防振性能を高め、フレームからボディに伝わる振動を低減するとしています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事