ホンダ・NSXが初のマイナーチェンジを予告。アメリカで発表された進化内容とは?

2016年に発表されたホンダのスポーツフラッグシップである「NSX」が、2年を経て初のマイナーチェンジを発表しました。

日本ではティザーサイトをオープン。新色のオレンジ色をまとった新生NSXの姿と、佐藤琢磨選手によるサーキットインプレッション動画を公開しています。発売は2018年秋とされています。

一方、NSXの生産国でもあるアメリカでは、2019年モデルとして詳細な情報が公開されました。

基本的なメカニズムには変更がなく、V6ツインターボと3つのモーターを組み合わせたパワートレインやエクステリアについても変更はないようですが、外観ではフロントのシルバー加飾がブラックとなるなど、ディテールを変えているようです。また、新色のオレンジについては、アメリカではサーマルオレンジパールとしてオプション設定されると発表されています。

注目はハンドリング系のパフォーマンスアップ。標準装備のタイヤ銘柄を「ContiSportContact 5P」から「Continental SportContact 6」に変えたこと、それに合わせて前後スタビライザーを太くするなどシャシーをセッティングしたことで、ドライバーの意思を反映しやすいマシンに仕上げたと記されています。

さらに、具体的なパフォーマンスアップの例として、鈴鹿サーキットのラップタイムが2秒も縮まったと発表されています。

(山本晋也)

『ホンダ』の最新記事
新型アコードフロント
オヤジクルマに見える新型アコードは、理想的な前後重量配分を実現した走りのセダンだった
VFR750R_RC30
80年代バイクブーム全盛期に生まれた金字塔「ホンダVFR750R」リフレッシュプランにリターンライダーが感涙必至! 純正部品も再生産
accord
スポーティ度の高さが世界で評価される新型アコード。日本デビューが遅れたワケは?
アコード スタイリング前7/3
これぞホンダの底力。かなりの上級志向でレジェンドに迫る質感 【ホンダ・アコードEX試乗】
ホンダ シビックタイプR
シビック タイプRの発売が延期に…新型コロナウイルスが生産を直撃
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事