ホンダ・NSXが初のマイナーチェンジを予告。アメリカで発表された進化内容とは?

2016年に発表されたホンダのスポーツフラッグシップである「NSX」が、2年を経て初のマイナーチェンジを発表しました。

日本ではティザーサイトをオープン。新色のオレンジ色をまとった新生NSXの姿と、佐藤琢磨選手によるサーキットインプレッション動画を公開しています。発売は2018年秋とされています。

一方、NSXの生産国でもあるアメリカでは、2019年モデルとして詳細な情報が公開されました。

基本的なメカニズムには変更がなく、V6ツインターボと3つのモーターを組み合わせたパワートレインやエクステリアについても変更はないようですが、外観ではフロントのシルバー加飾がブラックとなるなど、ディテールを変えているようです。また、新色のオレンジについては、アメリカではサーマルオレンジパールとしてオプション設定されると発表されています。

注目はハンドリング系のパフォーマンスアップ。標準装備のタイヤ銘柄を「ContiSportContact 5P」から「Continental SportContact 6」に変えたこと、それに合わせて前後スタビライザーを太くするなどシャシーをセッティングしたことで、ドライバーの意思を反映しやすいマシンに仕上げたと記されています。

さらに、具体的なパフォーマンスアップの例として、鈴鹿サーキットのラップタイムが2秒も縮まったと発表されています。

(山本晋也)

『ホンダ』の最新記事

街中で乗るとこんなバイクだった! 新車10万クラスで買える、ホンダ CG125は乗り味もクセ強め?
「Honda e」ってどんなクルマ? ホンダが発売する同社初のEVは「走りの楽しいEV」
ホンダ・ジェット
3年連続世界1位なるか!?「HondaJet」の2019年上半期(1月~6月)のデリバリー数が17機に
クセ強めのスタイル、Honda CG125は新車10万クラスで買える80年代的激安125
【新車】新型ホンダ・アコードのティザーサイトがオープン
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事