【新車】全個体電池を採用した「アウディPB18 e-tron」の0-100km/h加速は2秒未満

アウディは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで開催される「ペブルビーチ オートモーティブ ウィーク(ペブルビーチ コンクール デレガンス)」において、デザイン・技術両面のコンセプトカーを初公開すると発表しました。

EVの「アウディPB18 e-tron」は、究極のスポーツカーのビジョンを示すモデル。コンセプトとエキサイティングなラインは、カリフォルニア州マリブに開設されたアウディの新しいデザインスタジオで作成されました。

「アウディPB18 e-tron」には、同社が長年勝利を重ねてきたル・マン レーシングカーから数多くの技術を流用。「PB18 e-tron」という車名は、このコンセプトカーが初公開される場所のPebble Beachを示すとともに、大きな成功を収めたLMP1レーシングカー「アウディR18 e-tron」の技術的なDNAを受け継いでいることも表されています。

アルミニウムとカーボン、複合材を組み合わせることで重量を抑制。比較的軽量な全個体電池を採用することで総重量は1,550kg未満になると予想されています。ボディサイズは全長4.53m×全幅2m×全高1.15m、ホイールベースは2.70mで、 短いオーバーハングが特徴です。

『アウディ』の最新記事

高級車ならではの先端運転支援機能を試す。アウディA8 55 TFSI クワトロ(後篇)【プレミアムカー定点観測試乗】
高級車最前線・その実力。アウディA8 55 TFSI クワトロ(前篇)【プレミアムカー定点観測試乗】
【新型アウディA6発表】特徴的なフェンダーが目を惹く造形、車内は3枚のモニターを装備するなど全身が新技術にあふれる
【新車】世界限定222台のアウディ・R8「Audi R8 V10 Decennium」が発売。同時に新型R8のカタログモデルも発売
【アウディRS4アバント試乗】初代モデルから変わらない、スポーティかつ実用性の高いハイパフォーマンスワゴン

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事