【新車】全個体電池を採用した「アウディPB18 e-tron」の0-100km/h加速は2秒未満

アウディは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで開催される「ペブルビーチ オートモーティブ ウィーク(ペブルビーチ コンクール デレガンス)」において、デザイン・技術両面のコンセプトカーを初公開すると発表しました。

EVの「アウディPB18 e-tron」は、究極のスポーツカーのビジョンを示すモデル。コンセプトとエキサイティングなラインは、カリフォルニア州マリブに開設されたアウディの新しいデザインスタジオで作成されました。

「アウディPB18 e-tron」には、同社が長年勝利を重ねてきたル・マン レーシングカーから数多くの技術を流用。「PB18 e-tron」という車名は、このコンセプトカーが初公開される場所のPebble Beachを示すとともに、大きな成功を収めたLMP1レーシングカー「アウディR18 e-tron」の技術的なDNAを受け継いでいることも表されています。

アルミニウムとカーボン、複合材を組み合わせることで重量を抑制。比較的軽量な全個体電池を採用することで総重量は1,550kg未満になると予想されています。ボディサイズは全長4.53m×全幅2m×全高1.15m、ホイールベースは2.70mで、 短いオーバーハングが特徴です。

『アウディ』の最新記事

新型アウディQ8が「TOYO CELSIUS CUV A」をOEタイヤとして採用
【新車】アウディ・A5/S5が一部改良。快適装備などを充実化
アウディの純正アクセサリーがオンラインで購入できる「Audi online Shop」が10月1日にオープン
【新車】アウディ・Q2が一部改良。ベーシックモデルにも最新の衝突被害軽減ブレーキを搭載
【新車】アウディA3/S3シリーズが一部改良。S3に3分割可倒式リヤシートの採用など、使い勝手を向上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事