新型BMW・3シリーズのデザインが丸わかり!? BMWがマスキング姿のプロトタイプを公開

BMWが約7年ぶりのモデルチェンジとなる次期3シリーズセダン(7代目)のプロトタイプを公開しました。

同社が公開したのは次期3シリーズがマスキング姿で独ニュルブルクリンクをテスト走行する姿で、スクープ映像っぽい雰囲気を感じさせます。

開発最終段階とみられ、ワールドプレミアが近いせいか擬装が軽めで、エクステリア・デザインの概要が把握できそうです。公開された画像からは、幅広化されたキドニーグリルや、ヘッドランプの上辺から下辺に移されたLEDデイタイム ランニング ランプ、L字型に発光するテールランプなどが確認できます。

7代目では「CLAR プラットフォーム」を採用。大幅な軽量化が図られるようで、パワートレインは1.5L直3エンジンや2.0L直4エンジンが搭載されるのに加え、PHVやEVも設定されるようです。

次期3シリーズは今秋のパリモーターショーでのワールドプレミアが予想されており、間近に迫った公開に期待が高まります。

Avanti Yasunori・画像:BMW)

【関連記事】

BMWが米国産の中国向け新車を値上げへ! 米・中の関税操作が消費者を直撃
https://clicccar.com/2018/07/09/607471/

【関連リンク】

BMW 3シリーズ
https://www.press.bmwgroup.com/global/article/topic/4142/3-series/