【ミラ トコット試乗】イースゆずりの軽量高剛性ボディとサスペンションでしなやかに走ります

新登場の軽自動車・ダイハツ・ミラ トコット(以下トコット)はミラ イース(以下イース)の派生モデルになります。尖った性能や凝ったデザインなどに頼らず、ベーシックで魅力ある内外装を追求した1台です。

ヘッドランプは全車にLEDが標準搭載されています。もちろんレベリング機能もついています。

今回新たな試みとしてデザインフィルムトップ(デカールによってルーフカラーに変化をもたらす注文装備)に、キャンバス地風のものが用意されました。このオプションを選択すると、フロントバンパー中央部にもキャンバスデカールが付加されます。

最近のダイハツ車にはDモノコックという新しい考え方のボディが採用されています。これは高張力鋼板を随所に使うこと、最適形状のシェルとすることで剛性を上げつつ軽量化を図ったというものです。これによって車重はFFで720Kg、4WDでも790kgに収めています。

 

ただボディを軽量化しただけでは車内に騒音が大きく入ってきてしまいます。このためモノコックに開ける配線通し穴などをなるべく小さくしたり減らすことを進めました。これによりトコット用のDモノコックは軽量かつ静粛性に富むボディを実現しているのです。

他に軽量化に貢献するものとしてフロントフェンダーやリアハッチゲートの樹脂パネル化があります。

リヤハッチゲートにおいては軽量化だけではなく、ハッチの開け閉めに必要な力が軽くなり、スムーズな開閉が出来るというメリットも生まれました。

車内寸法に関しては流行のスーパーハイト系やハイト系ではありませんが必要十分……というより、かなり広いスペースだと実感します。

これは元々実用上問題なかった広さのイースをベースに車高を30mm上げることで室内の面積拡大にあてているためです。またフロントのAピラーが立っていることが、実際の寸法にプラスして広々感の演出もできています。

搭載されるエンジンはNA・3気筒のみ。イースに搭載されている燃費超追求エンジンであるKF-VE6型アトキンソンサイクル仕様ではなく、ムーヴなどにも使われている汎用性の高いKF-VE4型になっています。

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。