【新車】ベース車から約52万円アップ! 400万円超の日産・リーフNISMOの魅力と専用装備とは?

7月19日に発表され、7月31日から発売される日産・リーフNISMO。モーター駆動ならではの出だしからスムーズかつ力強い加速感を味わえます。

気になる価格は403万2720円。リーフNISMOのベースグレードは「X」で、価格は351万3240円。その差は52万円強となっています。

リーフNISMOは、NISMOロードカーシリーズの特徴である「レイヤードダブルウイング」を採用。外観では、NISMOエンブレム(フロント・リヤ)、LEDハイパーデイライト、フロントグリル、フロント&リヤバンパー、サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー、サイドシルプロテクター、リヤフォグランプといった専用アイテムが装備されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。