【新車】SUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が発売と同時に完売!?

以前お伝えしたように、その徹底した軽量化から、史上最強のSUBARU WRX STIといえる「WRX STI TYPE RA-R」。

7月19日から2018年12月17日までの受注期間、500台限定としながら、ホームページによると、販売初日時点ですでに完売……。スバリスト御用達モデルなのは間違いないにないにしても、全くの猶予もなく購入する権利が得られないのは、納得できない人もいるかもしれません。復活したアルピーヌA110のように、抽選販売も選択肢のひとつに入れてもいいかもしれません。

それでも、500万円(499万8240円)という、2.0Lエンジンを積んだCセグメント級にしては破格の価格設定(内容を見るとリーズナブルですが)でありながら、即売してしまう現実に、ほかの日本の自動車メーカーも見習う点がありそう。

なお、カタログモデル化された現行シビックタイプRは、約450万円、フォルクスワーゲン・ゴルフRは約555万円。500台限定のSUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が即売するのも納得できます。

(塚田勝弘)

【関連記事】

「S208」を超える!! 軽量化で走りを追求したSUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が500台限定で登場

https://clicccar.com/2018/07/19/610475/

『SUBARU・WRX』の最新記事

【スバルWRX STI TYPE RA-R試乗】500台限定! S208をベースに価格を抑え、軽量化を図った走りは?
【新車】「S208」を超える!! 軽量化で走りを追求したSUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が500台限定で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事