ボルボ・XC60の事故回避&運転支援機能をチェック!ロングドライブに絶大な威力を発揮

ボルボの屋台骨を支えるベストセラーSUV、XC60に待望のディーゼルモデル「D4」が追加されました。先代モデルでもディーゼルの人気は圧倒的でしたから、市場投入を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

ちなみに先代のXC60は、日本で最初に自動ブレーキを搭載した市販車。それにちなんで新型XC60についても、事故回避・運転支援機能をまとめておきましょう。

ボルボの事故回避・運転支援機能は「インテリセーフ」という名のもとに統合されています。その中にはすでに高い評価を得ているアダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付ACC)やパイロットアシスト(車線維持支援機能)も含まれますが、新型XC60は、全部で16を超える機能を搭載しています。その中でも新採用された機能をご紹介しましょう。

オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能/ボルボ初)
対向車線にはみ出してしまい、対向車と衝突する危険度が高いと予測したとき、ステアリングを自動修正して元の車線への復帰を促します。

ステアリングサポート(衝突回避支援機能/ボルボ初)
自動ブレーキだけで衝突が回避できないと判断したときに、ステアリングを自動的に補って障害物の回避を支援します。

インターセクションサポート(右折時対向車検知機能/世界初)
右折時に交差点に接近する対向車の状況を把握し、対向車と衝突する危険度が高いと予測したときに自動ブレーキを作動させます。

ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付きブラインドスポット・インフォメーション・システム/ボルボ初)
後方から接近する車両の存在を検知し、左右のドアミラーガラスに内蔵したインジケーターが点灯させます。その際に車線変更しようとするとステアリングを自動修正します。

大型動物検知機能(世界初)
ヘラジカや馬など大型動物の存在を検知するとドライバーに警告を発し、警告に反応しない場合は自動ブレーキを作動させます。

今回XC60 D4を借り受けて行ったロングドライブでは、アダプティブ・クルーズ・コントロールおよびパイロット・アシストの制御がいっそう緻密になったことも確認できました。インテリセーフはもはや「まさかのためのお守り」ではなく、運転に伴うストレスや疲労を半減させる極めて有効なツールだといえるでしょう。

インテリセーフはボルボXC60の全車に標準装備。安心感の高い移動を求めるドライバーにとって、強力なサポーターとなってくれることは間違ありません。

(文:角田伸幸/写真:平野 学)

【関連記事】

ディーゼル追加で魅力100倍増し。ボルボ・XC60のパワートレーンについてまとめてみた!
https://clicccar.com/2018/07/05/606105/

『ボルボ』の最新記事

【新型ボルボV60試乗】先代V60よりも大きく容量を増したラゲッジをV70と比べると?
【新型ボルボV60試乗】これぞ傑作ワゴン。長距離移動を楽々こなすグランドツーリング性能が光る
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…
【ボルボXC40 T4 MOMENTUM試乗】現在最も人気のボルボSUVの実力は?
【VOLVO・XC40 T4 Momentum試乗】生活感はあるけど生活臭はない!「女性が乗りたい」CitySUV

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事