ディーゼル追加で魅力100倍増し。ボルボ・XC60のパワートレーンについてまとめてみた!

ボルボのベストセラーSUV、XC60に待望のディーゼルモデル、D4が追加されました。ちなみにこのD4、ガソリンエンジンと同時に昨秋、発表・発売はされていたのですが、市場投入が遅れていたモデル。待ってたんですよ、ボルボ・カー・ジャパンさん!

 

ここでXC60のパワートレーンについて整理しておきましょう。日本市場に導入されているのは、今回追加されたディーゼルを含めて全部で4種類です。

T5:ガソリンエンジン+ターボチャージャー(254ps/35.7kgm)
T6:ガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー(320ps/40.8kgm)
T8 Twin Engine:ガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー+電気モーター(405ps/65.3kgm *システム出力)
D4:ディーゼルエンジン+ターボチャージャー(190ps/40.8kgm)

ちなみにこの4つのパワートレーン、ベースとなるエンジンはすべて2L・4気筒なんです。これは莫大な投資が必要なエンジン開発を一本化し、そのうえで高効率化や環境対応のための技術を磨いていこうというボルボの理念「Drive-E」に基づくものなんですね。

『ボルボ』の最新記事

【新型ボルボV60試乗】先代V60よりも大きく容量を増したラゲッジをV70と比べると?
【新型ボルボV60試乗】これぞ傑作ワゴン。長距離移動を楽々こなすグランドツーリング性能が光る
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…
【ボルボXC40 T4 MOMENTUM試乗】現在最も人気のボルボSUVの実力は?
【VOLVO・XC40 T4 Momentum試乗】生活感はあるけど生活臭はない!「女性が乗りたい」CitySUV

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事