ディーゼル追加で魅力100倍増し。ボルボ・XC60のパワートレーンについてまとめてみた!

ボルボのベストセラーSUV、XC60に待望のディーゼルモデル、D4が追加されました。ちなみにこのD4、ガソリンエンジンと同時に昨秋、発表・発売はされていたのですが、市場投入が遅れていたモデル。待ってたんですよ、ボルボ・カー・ジャパンさん!

 

ここでXC60のパワートレーンについて整理しておきましょう。日本市場に導入されているのは、今回追加されたディーゼルを含めて全部で4種類です。

T5:ガソリンエンジン+ターボチャージャー(254ps/35.7kgm)
T6:ガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー(320ps/40.8kgm)
T8 Twin Engine:ガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー+電気モーター(405ps/65.3kgm *システム出力)
D4:ディーゼルエンジン+ターボチャージャー(190ps/40.8kgm)

ちなみにこの4つのパワートレーン、ベースとなるエンジンはすべて2L・4気筒なんです。これは莫大な投資が必要なエンジン開発を一本化し、そのうえで高効率化や環境対応のための技術を磨いていこうというボルボの理念「Drive-E」に基づくものなんですね。