ベントレーのSUV・ベンテイガに、高性能モデル「スピード」設定の噂

英Autocar誌によると、ベントレー初のクロスオーバーSUV「ベンテイガ」に、同ブランドの高性能モデル「スピード」が設定される可能性が高いことがわかりました。

「スピード」はコンチネンタルGTにも設定されており、6リットルW12ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力は635psまで高められています。

独自入手した「ベンテイガ スピード」情報では、6リットルW12エンジンをキャリオーバーし、最高出力を現在の600psから640psまでブーストアップ。0-100km/hを3.9秒、最高速度は323kmのパフォーマンスを発揮するとレポートされています。また、ベントレー設計担当者ステファン・シーラフ氏によると、そのエクステリア・デザインに大きな変化を計画しているようです。

開発が順調に進めば、2019年にもワールドプレミアが行われそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アメ車も本格的なハイブリッド時代へ。人気SUVのシボレー・トレイルブレイザーの次世代型が電動化!
SLや8シリーズがライバル。レクサス・LCコンバーチブル市販型、7月にも公開?
アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!
これが新型BMW X6だ! モデル初のプラグインハイブリッドも設定?
開発中の新型ポルシェ・911 タルガ4の最強モデル「タルガ4 GTS」をキャッチ。0-100km/h加速3.5秒!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事