ベントレーのSUV・ベンテイガに、高性能モデル「スピード」設定の噂

英Autocar誌によると、ベントレー初のクロスオーバーSUV「ベンテイガ」に、同ブランドの高性能モデル「スピード」が設定される可能性が高いことがわかりました。

「スピード」はコンチネンタルGTにも設定されており、6リットルW12ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力は635psまで高められています。

独自入手した「ベンテイガ スピード」情報では、6リットルW12エンジンをキャリオーバーし、最高出力を現在の600psから640psまでブーストアップ。0-100km/hを3.9秒、最高速度は323kmのパフォーマンスを発揮するとレポートされています。また、ベントレー設計担当者ステファン・シーラフ氏によると、そのエクステリア・デザインに大きな変化を計画しているようです。

開発が順調に進めば、2019年にもワールドプレミアが行われそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アストンマーティン100周年モデルは「DBS GT Zagato Centenary」で確定? 驚きの販売方法とは
これが新フロントマスクだ! 日産・ジューク次期型をキャッチ
新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載
ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事