フィアット・500X、馬力アップの改良新型は年内に登場

フィアットのコンパクト・クロスオーバーSUV、「500X」改良型のプロトタイプをカメラが捉えました。

「500X」は、ジープブランド「レネゲード」とメカニズムを共有する兄弟車で、先日「レネゲード」改良型が発表されたばかりです。今回のフェイスリフトでは、MINI「クロスオーバー」に対抗すべく、フロントマスクを刷新する改良となりそうです。

キャッチした開発車両は、厳重なカモフラージュが施されていますが、アップデートされるデイタイムランニングライト、ヘッドライトを装備。グリルも一新され、水平ストリップの真ん中にあったロゴバッチは移動されている可能性があるようです。

室内には、7インチ高解像度タッチディスプレイを備える「Uconnect」インフォテインメントシステムを搭載、ステアリングホイールのデザインもリフレッシュされるようです。米国でラインアップされるのは引き続き1.4リットルターボチャージャー、及び2.4リットルターボチャージャーですが、それぞれ5~10ps程度の馬力アップも期待出来るといいます。トランスミッションは6速MT、及び新開発8速ATが噂されています。

ワールドプレミアの場は、2018年内から2019年前半と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?
クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事