フィアット・500X、馬力アップの改良新型は年内に登場

フィアットのコンパクト・クロスオーバーSUV、「500X」改良型のプロトタイプをカメラが捉えました。

「500X」は、ジープブランド「レネゲード」とメカニズムを共有する兄弟車で、先日「レネゲード」改良型が発表されたばかりです。今回のフェイスリフトでは、MINI「クロスオーバー」に対抗すべく、フロントマスクを刷新する改良となりそうです。

キャッチした開発車両は、厳重なカモフラージュが施されていますが、アップデートされるデイタイムランニングライト、ヘッドライトを装備。グリルも一新され、水平ストリップの真ん中にあったロゴバッチは移動されている可能性があるようです。

室内には、7インチ高解像度タッチディスプレイを備える「Uconnect」インフォテインメントシステムを搭載、ステアリングホイールのデザインもリフレッシュされるようです。米国でラインアップされるのは引き続き1.4リットルターボチャージャー、及び2.4リットルターボチャージャーですが、それぞれ5~10ps程度の馬力アップも期待出来るといいます。トランスミッションは6速MT、及び新開発8速ATが噂されています。

ワールドプレミアの場は、2018年内から2019年前半と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事