「ポールスター」から「R」へ。ボルボ最強モデルが復活へ

ボルボのミッドクラス・エステート「V60」新型に設定される最強モデル、「V60R」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

「R」は1995年に限定発売された「850T-5R」を起源とする同ブランドの高性能モデルで、2003年には「S60 R」と「V70 R」が、限定発売されました。

エクステリアはもちろん、内装も「R」専用の攻めたデザインが採用されています。現在、同ブランドには高性能モデルとして「ポールスター」が設定されていますが、こちらは今後電動車ブランドとして独立することが発表されており、それと入れ替わる形で新型モデルに設定されるようです。

「V60」新型モデルの最強エンジンは2リットル直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせた「T8」で、最高出力は390psを発揮します。今回スクープした「V60 R」のパワートレインに関してはまだ情報はなく、ガソリンエンジンなのか、プラグインハイブリッドかも不明です。しかし400ps以上を発揮する最強モデルになることは間違いないようです。

今回キャッチした開発車両は、フロントデザインの異なる2台のプロトタイプですが、「ポールスター」を彷彿させる、スロット入り大型ブレーキディスク、Brembo製6ピストンキャリパーを装着します。

また2台とも冷却効果を高める大口エアインテーク、大径ツインエキゾーストパイプを備えています。市販モデルでは、さらにカーボンファイバー製エアロパーツを装備するとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

名車「ディーノ」が復活か!? フェラーリのV6ハイブリッド開発車両をスクープ
アウディ・Q4のハイパフォーマンスモデル「RS」を初キャッチ。420馬力のガソリンエンジンを搭載
年内にも初公開? BMW・M8ファミリーの第3弾、630馬力の「グランクーペ」をキャッチ
フォルクスワーゲンの次世代EV第1弾の名称は「ネオ」!?
スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事