VWパサートが「アルテオン」顔になる!改良型でVR6搭載モデルも登場か

フォルクスワーゲンのミッドクラス・サルーン「パサート」改良型の最新情報、及びレンダリングCGを入手しました。

「パサート」は、2015年に「欧州カーオブ・ザ・イヤー」に輝いており、さらなる進化が期待出来そうです。CGからは、2本のL字型デイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、大型化されたラジエーターグリルなど、昨年登場したフラッグシップ・スポーツセダン、「アルテオン」顔となると予想されています。

パワートレインは、2リットルTDIエンジンがブラッシュアップされ、燃費向上と馬力アップがなされそうです。またVW自慢の狭角V型エンジン、「VR6」を搭載する高性能モデルの設定も噂されています。

実現すれば、最高出力は300ps以上を発揮すると思われます。室内では、「トゥアレグ」新型で採用された15インチタッチスクリーン「Innovision Cockpit」の期待もかかりますが、今回のマイナーチェンジでは、見送られそうです。

ワールドプレミアは、早ければ2018年内、遅れれば2019年春頃とレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?
このスポイラーは超高性能モデルの証!? BMW M5に「CS」設定へ
VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事