【新車】ホンダが今夏投入する「N-VAN」は、レジャーや車中泊にも最適なモデル

ホンダが「バモス」の後継モデルとして、今夏発売を予定している新型「N-VAN(エヌバン)」。

「N」シリーズならではの低床フロアや、リヤシートに加え、助手席シートもフロア下に収納できる「ダイブダウン機能」採用により、運転席以外のシートを畳めば床に段差の無い広大なフラットスペースが出現します。

また、助手席側の「ピラーレス構造」により荷室へのアクセスが容易になっており、荷物の積み降ろし性が大幅に向上している点も見逃せません。幅1,580mm、高さ1,230mmの開口を確保しており、容積約32Lの段ボール箱を71個、ビールケース40個が積み込めるそうです(最大積載量 350kg)。

安全面ではミリ波レーダーと単眼カメラによる予防安全技術「ホンダセンシング」を標準装備。

自転車を積んだり、車中泊を楽しんだりするのにうってつけな新型「N-VAN」の登場が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

米・アップルがVWのミニバン「T6」ベースの電動自動運転車開発で協業へ
https://clicccar.com/2018/05/28/593819/

【新車】スズキ4代目「ジムニー」、さらにスクエアになって7月上旬発売か?
https://clicccar.com/2018/05/16/589890/

【関連リンク】

ホンダ 新型「N-VAN」
http://www.honda.co.jp/N-VAN/new/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事