米・アップルがVWのミニバン「T6」ベースの電動自動運転車開発で協業へ

米・アップルが、独・VWと自動運転車開発に関連する契約を交わしたそうです。

アップルはカリフォルニア州本社区の従業員向けシャトルサービス用に、VWから電動化したミニバン「T6」を調達、自社で開発した自動運転技術を搭載し、2019年からオフィス間を運行させる模様です。

今回の契約はアップルが2014年にスタートさせた自動運転車開発プロジェクト「Titan(タイタン)」の一環とみられ、ニューヨーク・タイムズ報道によると、VWの子会社「イタルデザイン」において同社のミニバン「T6」の駆動ユニットをEV用に置換、車内内装などにも手を加えて独自仕様とする計画のようです。

アップルは自動運転用車両の独自開発を断念した経緯から、近年は自律走行技術開発に軸足を移し、これまでにもダイムラーやBMW等とも提携の道を模索していたようです。

今回、アップル/VW両社は車両調達契約から協業をスタートさせますが、今後順調に連携が進めば具体的な事業提携などに発展する可能性もありそうです。

Avanti Yasunori・画像:VW)

【関連記事】

2030年代に「完全自動運転」社会へ。欧州委員会が実現に向けた工程表を発表
https://clicccar.com/2018/05/20/591373/

トヨタが自動運転用「AI」開発に4億円出資!画像解析でアルベルト社と提携
https://clicccar.com/2018/05/17/590263/

トヨタが「事故が起こりやすい状況」で試験できる自動運転車用のテストコースを米国に建設
https://clicccar.com/2018/05/07/587301/

ホンダ、米「ウェイモ」社との自動運転システム共同開発で提携間近か?
https://clicccar.com/2018/04/04/574985/

米・GMが自動運転車の量産準備へ。2019年に「無人タクシー」サービス開始をめざす
https://clicccar.com/2018/03/20/569832/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事