ロールスロイスが「ピックアップ」を生産!? SUV・カリナンに驚きの派生モデルを設定?

ロールスロイスは、初のクロスオーバーSUV「カリナン」を発表しましたが、早くもその派生モデル計画が噂されています。

ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」は、噂に基づき「ピックアップ」「スポーツ」「クーペ」「コンバーチブル」そして「シューティングブレーク」のCGをホームページで公開しました。

果たして、派生モデルは実現するのでしょうか。一番可能性の高いのは「スポーツ」と予想します。ローダウンさせたボディと同色のサイドシルをドアの下に配置。新たなエアインテークを備えるバンパーもスポーティで人気を得そうです。

続いてありそうなのは「クーペ」です。高級クーペSUVは、今後のトレンドとなりそうで、ポルシェ「カイエン」や「マカン」にも設定が噂されています。「コンバーチブル」は、同ブランド「ファントム ドロップヘッド・クーペ」の実績もあり、やはり市販化されても不思議ではありません。「クーペ」に近いが実用性を高めている「シューティングブレーク」は同ブランドにないモデルであり、興味を持つ可能性もあるでしょう。

特に注目したのは、「ピックアップ」です。フルサイズピックアップと言えば「ラム1500」「シボレー シルバラード1500」「フォードF-150」など迫力のあるアメ車のイメージが強いですが、ロールスロイスの存在感に、最高出力571psを発揮する6.75リットルV型12気筒ツインターボを搭載すれば、一躍世界最高級ピックアップとなるはずです。

今の段階で確定情報はありませんが、同ブランドがカリナン派生モデルを計画しているのは事実のようなので、今後も注目して行きます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ブガッティ ティザーイメージ
謎のXテールライトが点灯。ブガッティ、まもなく新型モデルを発表か?
BMW 4シリーズ グランクーペ_003
市販型巨大グリル初公開! 新型・4シリーズに5ドア「グランクーペ」が設定へ
MINI SE_001
目玉は新インフォテイメントインターフェイス!? MINI「S」電動バージョンが内外刷新へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事