発売は2019年。BMW・7シリーズ改良型、新しいテールライトを灯してニュルを激走

BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」改良型プロトタイプをニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

ニュルで捉えたテスト車両は、市販型ユニットを組み込んだヘッドライトやスタイリッシュなL字型テールライトを装備。「X7」で見られた大型キドニーグリル、デュアルエキゾーストパイプも見て取れます。

パワートレインは、再設計された4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンに注目です。最高出力530ps・最大トルク750Nmのパフォーマンスを発揮します。また高性能「M760i」には、ロールスロイスのラグジュアリー2ドアクーペ「レイス」次期型にも搭載予定の6.6リツトルV型12気筒エンジンを搭載。最高出力は620psと伝えられています。

ラインアップされるすべてのエンジンは、燃費や排出ガスの想定方法を新たに統一規制した「WLTP」(Worldwide harmonized Light-duty Test Procedure)に対応すると思われます。ワールドプレミアは2018年内が有力で、2019年から発売となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
セアト クプラ アテカ外観_002
スペイン情熱の高性能ブランド「クプラ」初のSUVが大幅改良で300馬力を発揮
アウディ S4外観_002
アウディS4改良型、大刷新へ。メルセデスAMG C43を狙い撃ち!
ジャガー Fタイプ外観_003
これはイケる!? ジャガーFタイプ改良型、シューティングブレークやプロジェクト7の噂
ボラリス スリングショット新型_001
次世代三輪スポーツ・新型 ポラリス「スリングショット」、暗闇に姿見せる!
ポルシェ カイエン クーペ外観_003
カイエン史上最速モデル、800馬力の「クーペGT」開発車両をスクープ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事