ホンダ・S660に、7インチナビや電子ルームミラーのオプションが新設定

ホンダの純正アクセサリーを開発している専業メーカー・ホンダアクセスが、軽スポーツカー「S660」の小改良(ボディ新色の設定など)に合わせて新しいディーラーオプションを開発しました。

まず注目は、7インチ画面をダッシュボード上に装着する専用ナビシステム。小改良によって追加された「ナビ装着用スペシャルパッケージ」に対応したS660専用ナビゲーション「Gathers スカイサウンド インターナビ VXU-192SSi」を新設定しました。

メーカーオプションとして設定されているセンターディスプレイよりも大きな画面としているうえに、センターディスプレイではスマートフォンに専用アプリを入れてナビを使えるようにしていますが、「Gathers スカイサウンド インターナビ VXU-192SSi」では小型ナビゲーションユニットを持つため、それ単体で便利なインターナビの情報サービスが使えるようになっています。また、Gメーター表示を用意するなど、スポーツカーの専用ナビにふさわしい機能を持たせています。

さらに、サーバーからの最新情報で道案内を行なう100%サーバールート配信によるインターナビ案内機能をGathersとして初めて採用したのも注目ポイントです。TVチューナーキットも設定されています。

●Gathers スカイサウンド インターナビ VXU-192SSi:218,160円 (税込価格)
本体 213,840円(税込価格)/取付アタッチメント 4,320円(税込価格)

●Gathers スカイサウンド インターナビ+TVチューナーキット:258,120円 (税込価格)
本体 243,000円(税込価格)/取付アタッチメント 4,320円(税込価格)/TVチューナー取付アタッチメント 10,800円(税込価格)

さらに、S660のウィークポイントといえる後方視界を確保する「アドバンスドルームミラー」を新設定。標準のルームミラーより広い範囲を確認できるアイテムです。エンジンスイッチに連動してシステムが起動するもので、カメラ画素数は約130万画素と十分にクリアな画像が期待できます。もちろん、ミラーモードも用意されますし、その時には自動防眩機能も利用できます。

●アドバンスドルームミラー :84,240円 (税込価格)
本体 74,520円(税込価格)/取付アタッチメント 9,720円(税込価格)

そのほか、積載能力を高めるトップキャリア(税込 116,640円)、シックな色合いのロールトップ ブラウン(税込 129,600円)といったアクセサリーも新設定しています。

(山本晋也)

『マツダ』の最新記事
ジムニーの前年同月比約3倍を超える、4.7倍も売れた8月の新車販売の隠れMVPとは?
マツダ CX-5
マツダがバイオディーゼル燃料の原料製造・供給から利用までのバリューチェーンを構築、同燃料の利用をスタート
創立100周年のマツダの歴代名車9台
マツダ初の4輪乗用車はR360クーペだった!ファミリアはセダンよりバンが先に発売!創立100周年マツダの名車たち【AUTOMOBILE COUNCIL 2020】
マツダMX-30の国内仕様のハイブリッド車とEVの100周年記念車
マツダの新コンパクトSUV「MX-30」国内仕様はハイブリッド! EVの100周年記念車も登場
意外?妥当?MAZDA MX-30日本仕様ではマイルドハイブリッドで2020年秋発売開始、 EVモデルは今年度中にリース販売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事